ポジションとビンデイングシューズ

ロードレーサーにも小慣れてきたのでいよいよビンデイングシューズです。オシャレでいて機能性を犠牲にしないシューズは

ITALYのVITTORIA 1976。日本人向けの足型。    ハンドルバーのドロップ突き出し寸法を浅く、さらにステムもショートに

変更。ついでにコンパクトクランク50×36を46×34に変更してアウターが常時使えて、インナーをヒルクライム時にとシフト選択が

大幅に広がるように・・・試乗後のインプレッションは”緊張感が取れました”でした。

毎度ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。